結婚指輪について

結婚指輪を薬指に着ける理由について

婚約指輪や結婚指輪は、左手の薬指に着けると決まっています。
ですから、体重の増減などで体系が変わり指のサイズが変わった時は、他の指にはめるのではなく指輪のサイズを変更して対応するのが一般的です。
では、どうしてそこまでして左手の薬指に着けるのかというと、そこには深い理由があります。
10本の指の中で、左手の薬指は心臓に繋がる特別な指だと昔のエジプトでは信じられていました。
心臓に繋がる指だからこそ、そこから愛のパワーがたっぷりと溢れている。
こういった理由から、この指に結婚指輪をはめるのです。
これは、婚約指輪も同じ理由です。
夫婦が離れていても、いつも左手の薬指には二人で買った指輪がはめられている。
これが大きな勇気や安定になっていることは多くの方が感じていることでしょう。
ですから、是非素敵な結婚指輪を購入してください。
オリジナリティにこだわり、選んでみるのも良いでしょう。
中には、メッセージを刻んでダイヤモンドなどを埋め込む方もいます。

Copyright(c) 結婚指輪 All Rights Reserved.